アロマトリートメントと精油

アロマトリートメントを受けられたことがある方も多くいらっしゃると思いますが、今日はちょっと座学的なお話しです。アロマトリートメントは精油の薬理作用を皮膚から直接吸収させるために、精油を植物性のキャリアオイルに希釈してトリートメントを行います。トリートメントをおこなうと、有効成分が皮下組織に浸透し毛細血管から血管に入ることにより、体循環にのって全身に行き渡ります。有効成分が身体的には筋肉の弛緩(こりの緩和)、発汗作用、血行促進、浮腫の軽減(むくみの緩和)、痛みの緩和に期待ができます。心理的には精神的なリラクゼーション、感情の開放、などがあり、また、トリートメント中は揮発成分のにおい分子が鼻から入り脳(中枢神経)と呼吸器に作用し、肌に触れられることによりリラックス効果が高まります。なので、トリートメントを受ける時には目的にあった精油を選ぶことも大切なことですね。

関連記事

JAA認定校

お店の紹介

埼玉県狭山市でアロマテラピーの資格が取れる、JAA日本アロマコーディネーター協会の認定校です。 アロマテラピーを効果的に楽しく生活に取り入れていただけるように、精油などの正しい知識をお伝えします。
PAGE TOP